便秘対策に水分補給は大切

便秘と水分はとても深い関係にあると思います。あまり水分を摂らなかった日の次の日は、便が出にくくなる傾向があります。また、夏の暑い日、大量の汗が出て体内の水分量が減った状態になっても、便の出が悪くなります。やはり水分は、排便には欠かせないものなのだと思います。
スムーズに排便を促すためにも、できれば1日1.5~2ℓの水を飲むのがいいそうです。人間は、口が渇いた時にはすでに水分不足に陥った状態にあるのだそうです。口が渇いていなくても、こまめに飲むようにすることで、水分不足を予防し、便秘対策にもなるのですね。